虫歯と決別!30日間プログラム

2010年06月16日

歯周病の原因とは?

歯周病の原因は、プラークと呼ばれる歯垢だと言われています。

プラークは、歯磨きの際にとりきれなかった磨き残しのカスなどが
溜まったものです。

個人の習慣や癖などで、そのカスが同じ場所に放置・蓄積されると、
どんどんたまっていき、石のように硬くなります。

つまり、歯ブラシでは落とすことの出来ない「歯石」の状態になって
いるのです。

このプラークの中には歯周病菌が存在するため、プラークが溜まった
状態になっていると、その部分の歯茎から、炎症が起こります。

また、歯石の表面にはざらつきがあるため、歯垢がさらにたまりやすく
なるという悪循環に陥ります。

歯石がたまる原因として、歯磨きを上げる方が多いです。
とはいっても、歯磨きの回数や時間と言うわけではありません。
毎食後に歯磨きをしても、歯石がたまる人が多いのが現状です。

つまり、正しく歯磨きができていないというわけなのです。

その原因の多くは、歯並びや虫歯にあります。

歯並びが悪いと歯ブラシが届かなかったり、上手に磨けずに磨き残しが
起こりやすくなります。

また、虫歯の治療で行った被せがうまくあっていないと、その隙間には
歯垢がたまりやすくなります。

虫歯は磨き残しが原因で発生しますので、その周りは歯磨きが上手く
できていないと言うことですね。

最近は、歯医者さんで、歯磨きのトレーニングや指導を行うところが
増えてきました。いちどは指導を受けられるといいでしょう。

歯周病を予防するためにも、定期的に歯石のチェックをして、歯石を
取り除くために通院することが推奨されています。
タグ:歯周病 原因
posted by 歯科委員 at 09:07| 歯周病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
歯科衛生士が歯科医師に内緒でこっそり伝授する虫歯対策とは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。