虫歯と決別!30日間プログラム

2010年05月16日

仕上げにデンタルフロスをつかうと効果はあるの?

歯磨きは、たとえ1日1回であっても、定期的にきちんと磨く方が、
不定期に何度もやるよりも効果的だと言われています。

虫歯の菌が増えて虫歯になるまでは、数日かかります。

不十分な歯磨きしかできずに虫歯になってしまったら、数週間〜数か月の
間は虫歯の部分の汚れがまったく落ちていなかったと想定されます。

このような場合、1日1回でもいいので、きちんと磨く事が重要です。
単に歯磨きの回数を増やせばいいというものではありません。

虫歯の菌は唾液が多く出る夜間に増えるので、寝る前に行う歯磨きが
最も重要です。
もちろん、歯垢を取り除くだけでなく、口臭の原因となる食べカスなどを
取り除く目的もありますので、食後に行う歯磨きも無駄というわけでは
ありません。

子供の歯磨きは、朝と昼は子供が自分で磨き、夜はお父さんやお母さんが
仕上げ磨きをすると効果的なのではないでしょうか?

歯と歯の間に隙間が空いていない場合など、2歳からの小さなお子さん
でもデンタルフロスを活用するようにしてください。

デンタルフロスとは、「糸ようじ」の事です。
あなたも使用された経験があるのではないのでしょうか?
爪楊枝のように、歯と歯の間の汚れを取るものです。

お子さんにデンタルフロスを使用される場合は、お母さんかお父さんが
されたほうがいいでしょう。
お母さんが目で見て、歯と歯の間に隙間が空いていなかったら、1日
1回はデンタルフロスでお掃除してあげましょう。

特に、6歳を過ぎると大人の歯の奥歯が生えてくるので、これまであった
歯と歯の隙間が詰まってきます。
このために、汚れがたまりやすくなってきますので、歯と歯の間の虫歯が
起こりやすくなってきます。

夜の仕上げ磨きの時に、デンタルフロスでも掃除するようにすると虫歯
予防に効果的です。

小さなお子様向けには、片手で使用できるホルダー付きのフロスが便利
です。
posted by 歯科委員 at 09:06| 虫歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
歯科衛生士が歯科医師に内緒でこっそり伝授する虫歯対策とは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。