虫歯と決別!30日間プログラム

2010年05月11日

食生活に気をつけると虫歯予防は出来るのか

しっかりと歯磨きをすることも虫歯予防のためには重要です。
しかし、歯磨きだけに気をつけていれば良いのでしょうか?

もし、あなたが以下のように考えておられるのであれば、認識を改めて
頂く必要があります。

・毎回念入りに歯を磨いている
・フッ素などの予防処置をしている

⇒だから、私は虫歯にはならない。

それに加えて、毎日の食生活も虫歯予防のためには必要不可欠な要素
なのです。
どのような食生活をすると、虫歯を予防することができるのでしょう?

虫歯になりやすい食習慣をいくつかご紹介します。
このような習慣を続けていると、糖分が歯についている時間が長く
なるために虫歯菌が活動しやすくなると言うことなのです。

・キャンディーやグミといった口中にいる時間が長いタイプのお菓子
 をいつも食べている
(糖分が含まれていないガムを噛んでいるといったものであれば
 問題はなさそうです)

・テレビを見たり雑誌を読んだりしつつダラダラとお菓子を食べる

砂糖をはじめとする糖分は、人間が生きていくうえで必要であり、効率の
良い栄養素です。
実は、糖分は人間だけでなく、虫歯菌のような細菌にとってもご馳走
なのです。

砂糖を同じ量だけ食べるとすれば、口の中に砂糖を含んだ食べ物がある
時間が長い分だけ、虫歯の原因になりやすくなります。

ということは、短時間で砂糖を胃の中に入れてしまえば虫歯にはなり
にくいというわけなのです。

つまり、糖分が含まれるお菓子を食べる際には、短い時間で一定の量を
食べたり、甘さのない飲料と一緒に飲み食いすることが理想的です。

飴の場合、いきなり飲み込むのは難しいと思いますので、舐め終わったら
口の中を飲み物でゆすぐようなにして糖分が口の中に残らないように
されるといいのではないでしょうか。

お菓子よりは、食物繊維を多く含んでいる果物の方がおやつとしては
好ましいのですが、果物を常備させておくのも大変でしょうから、工夫
できるところは工夫して楽しく食べられるようにしたいですね。

さらには、糖分を含んだ清涼飲料水を習慣的に飲まないということも
重要なことです。
おやつや食事は時間を決めて食べて、食後にすぐ歯を磨き、飲み物は
砂糖を含まないお水やお茶を飲むことで、虫歯はかなり防げるのでは
ないでしょうか。
posted by 歯科委員 at 09:44| 虫歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
歯科衛生士が歯科医師に内緒でこっそり伝授する虫歯対策とは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。