虫歯と決別!30日間プログラム

2010年04月28日

虫歯が進行すると歯を抜く可能性があります

ほとんどの方は虫歯になった経験をお持ちのことと思います。

虫歯の進行具合をまとめてみました。
虫歯検診で言うC1、C2とかではなく体感的な推移を書いて見ました。

痛みを感じたり感じなくなるのは、神経が虫歯に食い尽くされて死ぬと
いう状況も含まれているんですね。

1.エナメル質内だけの虫歯(痛みは感じない)
2.虫歯が進行する(甘いものがしみる)
3.象牙質に達した虫歯(冷たい物がしみる)
4.歯髄に達した虫歯・炎症(熱いものがしみるようになる)
5.歯髄の炎症が進む(痛い)
6.神経が壊死をする(痛みを感じない)
7.膿が溜まって再び痛む

歯が痛くなり、歯医者に行きたくても、仕事が忙しくて、時間を確保
できず、痛み止めを飲んで我慢していたら、痛みが治まった。
治ったと思って、歯医者に行かずに済んだ経験のある方も意外に多い
のではないでしょうか?

実は、虫歯が改善されたわけではないので、よくない状態です。

痛みが治まったからといって放置すると、再び、激痛を感じる時期が
来るようになります。
痛みが一旦治まっても、時間を作って歯医者の診察を受けましょう。

虫歯の進行が進むにつれて治療も難しくなり、回復までに必要な時間も
長引くことになります。

ごく初期の虫歯なら、進行を止めるためにフッ素を添付して経過観察と
することが多いようです。
これなら削られることもないので、あの音に怯えることもありません。

エナメル質までしか侵食されていない虫歯なら、その部分を取り除く
簡単な治療で済みます。
多少は削りますので、少しの間は我慢してください。

残念ですが、虫歯が神経まで進行した場合には、歯の根の部分の治療が
必要となります。

型をとったり、歯を修復したり、クラウンを被せたりと、大がかりな
作業になりますし、治療に時間もかかります。

最悪のケースでは、抜歯が必要になることも考えられます。
歯茎に麻酔をうって、歯を引き抜くことになりますので、ちょっとした
手術をしたことになります。

歯を抜かないといけない状況になる前に、ご自分で定期的に歯を点検を
されることをおすすめします。

もし、虫歯を見つけたら、早い時期に歯医者さんに行きましょう。
虫歯は、あなたの都合なんか聞いてくれませんから。
posted by 歯科委員 at 10:05| 虫歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
歯科衛生士が歯科医師に内緒でこっそり伝授する虫歯対策とは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。